普通二種開始7周年キャンペーン 中型二種開始2周年キャンペーン
資格取得キャンペーン


トップページ
> スキッドコース

 

安全運転の第一歩は、危険な状況を招かない運転を心がけることです。当校では、インストラクターの指導のもと「危険」を「安全」にさまざまな体験ができるスキッドコースを設けています。危険をすみやかに回避できる高度な技術と心構えを習得しましょう。
すべりやすい路面でABS(アンチロックブレーキシステム)の性能とその操作を体験していただきます。
タイヤはブレーキを強く踏むとロックされ、方向(舵)を取ることが出来なくなります。
しかし、ABSの場合は完全にはロックされず、一時的なロックと解除を繰り返すことでよりスムーズなハンドリングが可能になります。
舗装された道路であっても、状態によっては「わだち」が出来ていることがあります。
雨の日、この「わだち」に水がたまるとハンドルやブレーキのコントロールが利かなくなるハイドロプレーニング現象が起こります。
このコースでは、実際にその現象を体験していただき、危険回避のテクニックを学ぶとともに、雪道での「わだち」走行についても指導します。
坂道がすべりやすい状態だったらどうなるかを体験していただくコースです。
上り坂、下り坂での発進の仕方や停止の仕方、アクセルワークなどを指導します。
特にきついカーブを曲がるときのスピードコントロールについては、クルマに慣れた人ほど自分のテクニックを過信しがちです。
このコースで体験することにより、クルマの限 界速度を正しく理解して欲しいものです。